読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows 8でvagrantの環境をお手軽に作ってみた

開発マシンが新しくなったのでWindows 8でvagrantの環境を作ったまとめを見ながら Windowsにvagrantとchefの環境を作成してみたが、若干記事の内容と違ってた箇所があったのでその時のメモです。

新しくPC買い替えたりするといろんなツールを再インストールしなければならないのですが、その度に配布サイトをググって検索してダウンロードして実行とか 面倒くさいことが多いんですよね。

最初はvagrantをwindowsd環境に入れようと思ってググっていたら、見つかったのが上記の記事で思わぬオマケに遭遇してしまいました。

今回インストールに使ったのはchocolatey参考にさせてもらったいくつかのサイトにも書いてあるように 要はLinuxならyumやapt-get、Macならhomebrewのようなものでとっても便利なパッケージ管理ソフトです。

以下に紹介記事があります。

chocolatey自体のインストールも簡単だし、これは使えると思います。 公開されているパッケージも様々で、公式ページにはギャラリーがありますので探してみてください。

インストールは、以下の用にコマンドラインから一発で、勝手にダウンロード元見つけて落としてくれますし、環境変数のPATHまでちゃんと通してくれます。 f:id:kuroyanagi_h:20130823132350p:plain

ちなみにギャラリーには、こんなものまでありましたが... 何が入ってくるのか確認は誰かにお任せします。 f:id:kuroyanagi_h:20130823132745p:plain

前置きはこの辺で本題に入ります。

先頭の記事では f:id:kuroyanagi_h:20130823133146p:plain のようなコマンドでOKとなっていましたが、その通りにやってみたところ cinst cwrsynでパッケージが見つからないとのエラーになりました。

先ほどのギャラリー検索したところ単なるタイポで cinst cwrsync が正しいようです。既に記事への編集リクエストがあったので、打ち直して先に進みます。

次に、cinst ruby.devkit でダウンロードした後に7zが無いとのエラーになりました。ダウンロードしたファイルの解凍に使うようなのですがそれがないとのこと

chocolateyでインストールされたパッケージのフォルダ C:/Chocolatey/bin を見てみると 7za.batはあるものの7z.batがありませんでしたので 7za.batをコピーして7z.batを同じフォルダに置いたところ無事インストールできました。

ここに記載した内容はvagrant実行に関係するものではありませんでした。その後のchefに関するものでしたのでいったん取り消しします。vagrant実行には

C:/Users/xxx> cinst virtualbox
C:/Users/xxx> cinst vagrant

のみで実行できます。(既にvirtualbox入っている方はもちろんvirtualboxのインストは不要です)

早速vagrantでubuntu-server入れてみます。 とりあえず、最小限の確認にしたかったので、

C:/Users/xxx> vagrant box add lucid64 http://files.vagrantup.com/lucid64.box
C:/Users/xxx> vagrant init lucid64

vagrant upすると

C:/Users/xxx>  vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
[default] Importing base box 'lucid64'...
[default] Matching MAC address for NAT networking...
[default] Setting the name of the VM...
[default] Clearing any previously set forwarded ports...
[default] Creating shared folders metadata...
[default] Clearing any previously set network interfaces...
[default] Preparing network interfaces based on configuration...
[default] Forwarding ports...
[default] -- 22 => 2222 (adapter 1)
[default] Booting VM...
[default] Waiting for VM to boot. This can take a few minutes.
[default] VM booted and ready for use!
[default] Mounting shared folders...
[default] -- /vagrant

vagrant sshで接続すると

C:/Users/xxx> vagrant ssh
Linux lucid64 2.6.32-38-server #83-Ubuntu SMP Wed Jan 4 11:26:59 UTC 2012 x86_64 GNU/Linux
Ubuntu 10.04.4 LTS

Welcome to the Ubuntu Server!
 * Documentation:  http://www.ubuntu.com/server/doc
New release 'precise' available.
Run 'do-release-upgrade' to upgrade to it.

Welcome to your Vagrant-built virtual machine.
Last login: Tue Aug 27 03:19:18 2013 from 10.0.2.2
vagrant@lucid64:~$

このように無事接続完了

ちなみに、タイトルにはWindows8でとありますが、PowerShellが入っていればchocolateyは使えますのでWindows7でも同じです。

chefの環境作成については次回とします。